美魔女のスーパーダイエット

美しく痩せるためのダイエット情報サイト

今流行りの骨盤ダイエット!骨盤矯正ストレッチは本当に痩せる!

約 7 分

あなたは骨盤ダイエットをご存知ですか?骨盤ダイエットとは、骨盤の歪みを矯正することで痩せられるというダイエット法です。

骨盤を矯正することでダイエット以外にもさまざまないい効果が得られるので、近年話題になっています。

そんな骨盤ダイエットはどんなものなのか、ご紹介していきます。

骨盤とダイエットの関係

骨盤は上半身と下半身をつなぐ大切な役割があるのですが、その骨盤が生活習慣の癖や出産などによって、前後・上下に歪んだり、左右に開いて本来の位置からずれてしまうことを骨盤の歪みと言われています。

骨盤の周りには筋肉や血管が多く集まっているのですが、骨盤が歪むことによって近くにある血管が圧迫され、血行が悪くなり体が冷えやすくなったり、むくみやすい体になってしまいます。

さらに血行が悪くなることにより、体に溜まった老廃物が外に排出されず脂肪となって蓄積されてしまいます。

また骨盤周りの筋肉、いわゆる「インナーマッスル」も骨盤の歪みが原因で衰えてしまい、新陳代謝が低下してしまったり、便秘になってしまったりとダイエットには不向きの体になってしまいます。

骨盤が歪んだままダイエットをすると、なかなか痩せることができないのですね。ダイエットを頑張っているのに痩せない原因は「骨盤の歪み」かもしれません。

骨盤とダイエットの関係がわかったところで、なぜ骨盤が歪んでしまうのかご説明します。

骨盤が歪む原因

骨盤が歪む理由は大きく分ける「生活習慣の癖」と「出産」の2つにわけることができます。

生活習慣のちょっとした癖でも毎日積み重ねることによって、骨盤の歪みを引き起こしてしまいます。まず、骨盤の歪みの原因となる生活習慣の癖についてご紹介します。

ひとつで当てはまるものがある人は、骨盤が歪んでいる可能性があり、その骨盤の歪みがダイエットの妨げになっているかもしれません。では、チェックしていきましょう。

どちらかの脚に体重をかける

立つ女性立ちっぱなしで仕事をしていたり、癖になっていたりと理由はさまざまですが、立っているときに片方の脚に体重をかけてはいませんか?

特に骨盤が歪んでいると、真っすぐ立つよりも、どちらかに体重をかけた状態で立っている方が、楽なんですね。

しかし、積み重なることで徐々に骨盤が傾いていき、さらに骨盤の歪みが酷くなってしまいます。

座るときに脚を組む

脚を組む女性

座っているときに脚を組む女性が多いと思います。

脚を組むのが癖になっている人は、両方の脚を交互に組み替えてるようにすることで骨盤の歪みはマシですが、いつも同じ脚を組んでいるなら骨盤が歪んでしまいます。

ヒールを履いている

ヒールを履く女性

ヒールなどの高い靴を履いている方も体の重心が前のめりになり、骨盤が歪んでしまう原因になります。

毎日履くのではなく、たまにはスニーカーなどを履いて脚を休ませてあげましょう。

鞄を同じ肩にかける

カバンを持つ女性

肩にかけるタイプのショルダーバッグなどを、持ちやすいからといって片方の肩ばかりにかけていませんか?少しの重さでも骨盤は歪んでしまいます。

また手で持つタイプの鞄も同じです。同じ手ばかりでもつのではなく、反対の手や肩に持ち直しましょう。

妊娠・出産

妊婦

妊娠や出産することでも骨盤は歪みます。

お腹が大きくなるにつれて体の重心もずれますし、出産のときは骨盤が開いてしまい、骨盤が不安定になり歪みやすくなります。

このように、さまざまなことが積み重なって骨盤が歪んでしまいます。日常生活の中で、骨盤が歪んでしまう行動に気付いたときはすぐにやめるように心がけましょう。

骨盤矯正ストレッチの方法

「原因がわかったからこれから気をつけよう。」そう思うことは大切なことですが・・・原因を取り除いたからといって、歪んだ骨盤が元に戻るわけではありません。

骨盤の歪みを矯正するために、ストレッチを行うと効果的です。家で簡単にできるストレッチをいくつかご紹介します。

半月ポーズ

  1. 背筋をピンと伸ばして立ちます。このとき両足は揃えましょう。
  2. 腕は伸ばし、頭の上で合わせ上半身を右か左にゆっくり曲げていきます。どちらが先でも構いません。
  3. 曲げられる限界まで来たら、少しキープしゆっくりと体を元に戻しましょう。
  4. 反対も同じように行ってください。
半月ポーズの注意点

  • 体を曲げているときは膝や肘が曲がらないように意識しましょう。
  • 腰も前や後ろにでたりしないようにしましょう。
  • 無理をして曲げすぎて他のところを痛めてしまうこともあるので、気を付けて行って下さい。

スクワット

  1. 脚を肩幅に開いて立ち、腕は前に出します。
  2. そのままゆっくり腰を下ろし、元に戻します。

1日10~20回を目安に行います。

スクワットの注意点

  • 膝がつま先より前に出ないようにしましょう。
  • 脚の内側を意識しながら腰を落としてください。

難しいようであれば脚を少し閉じ、脚の間にタオルを挟んで行うと徐々に慣れていきます。

お尻歩き

  1. 座ったまま脚をまっすぐ伸ばして、お尻で歩くように前に進みましょう。
  2. 前に10秒、後ろに10秒を5回ほど繰り返します。

初めは慣れていなくて難しいかもしれません。

お尻歩きの注意点

お尻で歩くときに大きくお尻を動かすように意識して歩きましょう。

脚ひねり

  1. 仰向けに寝転がり、両膝を立てます。
  2. 膝はピッタリとつけたまま、右か左にゆっくり倒していきます。
  3. ゆっくり脚を元に戻し、反対側も同じように行ってください。
脚ひねりの注意点

  • 倒しているときに肩がピッタリ床についているかを意識しながら行いましょう。
  • 倒しているときに呼吸を止めずに、深呼吸をすることも大切です。

寝る前や朝起きて時間があるときなどにできる簡単なストレッチなので、ぜひ試してみてください。

骨盤矯正ストレッチ(骨盤ダイエット)の口コミ

骨盤矯正ストレッチを行って効果があるのかどうか心配ですよね?と、言うことで実際に骨盤矯正ダイエットを行った方の口コミをご紹介します。

  • クビレがでてきた。
  • お金がかからない上に、下半身が細くなる!
  • 便秘が解消されて、ぽっこりお腹もマシになった
  • 血行が良くなったのか、冷えやむくみがなくなり体重も減った
  • 簡単にできてしんどくないし、これなら続けられる!

など多くのいい評価がありました。

ジョギングやウォーキングなどに比べると、家でできるうえにきつさはあまりないようです。

また姿勢が良くなったなどダイエット以外の効果も得られるので、いい口コミばかりです。新陳代謝もよくなるので、痩せやすい体にもなります。

「すぐには効果が出ない」や「見た目はあまり変わらない」などの悪い口コミもあるみたいですが、みなさんダイエット以外の効果が得られているようなので、そんなに悪くない口コミばかりでした。

骨盤矯正おすすめグッズ

「ストレッチをしている暇がない」、「もっと簡単に骨盤矯正したい」という方におすすめなのが、「骨盤矯正グッズ」です。

骨盤矯正ダイエットが流行りだしてから、さまざまな骨盤矯正グッズが増えてきました。その中でもおすすめのグッズをご紹介します。

骨盤矯正ベルト

骨盤矯正ベルトは知っている方がほとんどだと思います。

骨盤矯正ベルトをつけることで、骨盤が安定し矯正できる優れものです。妊娠、出産をして不安定な骨盤を引き締めてくれるので、産後などにもおすすめです。

またコルセットとは違い、骨盤のみを支えてくれるので筋肉が衰えることもありません。

骨盤矯正クッション

骨盤を矯正できるクッションもあります。

座っているときや車の運転をしているときにも使えますし、事務などのデスクワークをしている方は、仕事をしながら骨盤を矯正できるのでおすすめです。

骨盤矯正ベルトの締めつけが苦手な方は座るだけでできるクッションで骨盤矯正してみてはいかがでしょうか。

骨盤矯正ショーツ

「骨盤矯正ベルトはつけるとゴワゴワするし、立ち仕事だからクッションはあまり使わない。」という方には、骨盤矯正ショーツがおすすめです。

ショーツを履いている感覚と一緒なので、気になることはありませんし、薄いものもあるので、服を着ても全く響きません。

その他にも骨盤矯正スリッパや骨盤矯正ストレッチの器具などもあるので、自分に合ったものを探して見つけてみてください。

まとめ

毎日ゆっくり時間をかけて行うので、効果がでるのには個人差もあります。しかし骨盤ダイエットは、長く続ける事によりダイエット効果も期待できます。

長続きするようにきつくないペースですることも大切なポイントですね!

空いた時間にササッとできる骨盤矯正ストレッチをあなたも試してみてはいかがでしょうか。

About The Author

miharu
1968年生まれの牡羊座☆いつの間にかアラフィフと呼ばれる年齢になってしまいました。いつまでも若々しく健康的な美しさを追求し続けたいと、日々努力を積み重ねています。このサイトでは私自身が検証したダイエット体験のお話。また、話題のダイエット情報を発信しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook