美魔女のスーパーダイエット

美しく痩せるためのダイエット情報サイト

ホットヨガダイエットで痩せる期間は?効果的な頻度と食事法!

約 7 分

最近、SNSや女性芸能人の間でも話題の”ホットヨガ”[ホットヨガスタジオLAVA]のテレビCMが放送されるようになり、気になっている人も多いのではないしょうか?

ホットヨガは、一般的なヨガと異なり発汗作用がよって基礎代謝を高め”ラクに痩せられる!”また、優れたリラクゼーション効果があると女性を中心に人気を集めています。

そこで今回は、ホットヨガのダイエット効果、痩せるまでの期間、ホットヨガスタジオに通う頻度や食事をまとめてご紹介します。

ホットヨガとは?

ホットヨガ

ホットヨガとは、室温39度前後・湿度55~65%と岩盤浴とよく似た環境の中で行うヨガのことです。

一般的なヨガは自宅でも手軽に行うことができますが、ホットヨガの場合は、室温設定が必要なため”ホットヨガスタジオ”といった設備が整った場所で行われてます。

一般的なヨガはリラクゼーション効果が高いですが、ホットヨガの場合は蒸し暑い環境の中で行うヨガのため、大量の発汗を促しリラクゼーション効果と同時にダイエット効果が期待できます。

おすすめのホットヨガスタジオ

 

ホットヨガの消費カロリー

ホットヨガを1時間行った場合の消費カロリーは約330kcal、90分の場合は500kcalにもなります。

500kcalの消費は、体重50kgの人が、時速10kmのジョギングを約1時間行った時と同じ消費カロリーです。

成人の歩くスピードは時速4.8km程度ですので、時速10kmはそこそこのスピードになりますが、1時間連続して走るとなると運動が苦手な人にとっては少しハードルが高いですよね。

その点ホットヨガは、運動が苦手な人や高齢者の方でも手軽に始めることができるのも人気のひとつです。

ホットヨガのダイエット効果は?

ホットヨガは、高温多湿の環境の中で行うため身体が温まり筋肉への負担も軽くなり、ポーズをとりやすくなるため、ヨガ初心者の方にもオススメです。

ホットヨガをすると、どんなダイエット効果が期待できるのかご紹介します。

①デトックス効果

汗をかく女性

ホットヨガは、室温39~40度・湿度55~65%の部屋の中でヨガを行うため、大量の汗が出て、代謝が良くなりデトックス効果が期待できます。

大量の汗には、体に溜まった老廃物や不純物、むくみの原因となっている余計な水分が含まれており、体外へどんどん排出されていきます。

ホットヨガレッスン中は、老廃物が汗や尿と一緒に体外へ排出されるためにお手洗いも近くなり、デトックス効果をすぐに実感することができますよ。

ホットヨガに行った日の夜は、夜中に何度もお手洗いで起きるという方もいる程です。

それくらいホットヨガのデトックス効果は高く、定期的に通うとむくみも解消されるため太りにくい体質になれるというわけです。

②基礎代謝がアップする

ホットヨガでポーズをとることで、普段使わない色々な筋肉を使います。

そして、温度・湿度ともに高い部屋でヨガをするため、通常のヨガよりも体が温まりやすく、基礎代謝を上げることができます。

ちなみに、体温が1度上がるだけで基礎代謝は13%もアップできるのです。

基礎代謝が上がると、寝ているときも何もしなくてもエネルギーが消費されるため、痩せやすい体質になるのです。

そして、代謝が上がるといつも体がポカポカして冷え性の改善・予防にもなり、風邪予防、アレルギー対策にも役立ちます。

ホットヨガを続けると、代謝がアップするため、むくみが改善されてスッキリした体に変化するのを実感できます。

ダイエットのためにどんなに筋トレを頑張っても、ジョギングをしても、そして食事制限をしても、基礎代謝が低いとなかなか痩せられないのです。

ホットヨガは、高い室温の中で運動をすることで必然的に体温が上がるため、基礎代謝が上がって痩せやすい体になるというわけです。

③冷えやむくみが改善

足のむくみイメージ

代謝がアップすると、内臓機能の強化および活性化、自律神経の正常化を促してくれるため健康面での効果も期待出来るのです。

例えば、女性に多い手足が冷える末端冷え性は、代謝が低いため体のめぐりが悪く、血液がしっかり体内へ行きわたらない状態にあります。

基礎代謝が低いと、どんなに厚着をしても寒く感じますし、お風呂に入ってもすぐに湯冷めをしてしまうのです。

ホットヨガは、温かい室内で全身を解すような動きを行うため、血行を促進して、冷え、むくみ、肩こり、生理痛などを改善する効果が期待できます。

ホットヨガダイエットで痩せる期間は?

どんなダイエットでもスタートするときに気になるのは、どれくらいの期間で痩せるの?って事ですよね?

ホットヨガダイエットは、発汗によって身体に溜まった老廃物を排出し、ヨガのポーズによって凝り固まっていた筋肉をほぐすことで基礎代謝を高め、自然と痩せていきます。

目的を考えると、短期間で急激に痩せていくダイエット法ではなく、3ヶ月くらいを目安にするとよいでしょう。

ホットヨガの目的は、ただ単に痩せるだけでなく、デトックス効果によって自然と痩せやすい体質を手に入れることができます。

もちろんホットヨガのダイエット効果は、個人差によって違いますが、週に1回などゆっくりなペースの方でも、体質改善や代謝アップなどの効果を感じています。

ホットヨガ&有酸素運動で短期間で痩せる

ホットヨガのみでダイエットを行う場合は、それなりに期間が必要になりますが、食事や運動などその他の要素を取り入れることによって、ダイエット効果を加速させることができます。

ホットヨガを行った直後は基礎代謝がアップし、脂肪燃焼効果が高い状態です。この時間を有効活用することによってダイエット効果は飛躍的に高まります。

そこでおすすめは、ホットヨガの直後、有酸素運動を行うことです。

ホットヨガスタジオから帰宅する際、徒歩圏内であれば20~30分間ウォーキングできるような道を選んだり、電車などの場合は一駅先の駅まで歩くなどしてみてください。

また、ホットヨガスクールに通う時間が夕方以降になる場合は、脂質・糖質が吸収されやすくなっているため、ヘルシーで低糖質の食事を心掛けるようにしましょう。

ホットヨガダイエットの効果的な頻度は?

ダイエットを目的とする場合は、痩せやすい身体を作るために、約1ヶ月は出来るだけ通うようにします。可能であれば週5回ペースで行い基礎代謝を一気に高めるようにします。

筋トレの場合は、筋肉を休ませる時間も必要なので毎日やると良くありませんが、ホットヨガはインナーマッスルと呼ばれる内側の筋肉を鍛えるため、過度な負担はかからず毎日おこなっても問題ありません。

そうすることで、1日中基礎代謝が高い状態をキープすることができ、脂肪燃焼効果を高めることができます。

その後は、週2~3回のペースで通うことでダイエット効果を実感できます。

とは言っても現実的には、週に何日も通うことが難しいと思います。

そんな方は週1回ペースでも構いません。ただし・・・ダイエットを目的とする場合は週1回ペースでは十分なダイエット効果を得ることができません。

自宅でお風呂上りにヨガポーズをするなど生活の隙間時間を上手に活用しましょう。

ホットヨガダイエットに効果的な食事は?

ホットヨガダイエットを効率的に行うためには、食事も気をつける必要があります。

満腹時より空腹時のほうが体が動き集中力が高まるため、ホットヨガを行う前後2時間は食事をしないようにしてください。

ホットヨガを行う日、2時間前には食事を済ませておき、消化のよいものを食べて空腹でレッスンに臨むとダイエットに効果的です。

ホットヨガダイエット後の食事の注意点

スープ

ホットヨガでしっかりカロリーを消費しても、ホットヨガダイエットの直後に食事をしてしまっては台無しです。

ホットヨガを行い大量の発汗でデトックスされた身体は、栄養素やカロリーを吸収しやすい状態になるため、脂肪分や糖分が体内に吸収されやすくなります。

特にホットヨガの帰り道はお腹が空きますが、なるべく2時間は水やお茶だけで過ごしすようにしてください。

ホットヨガの前後は空腹の近い状態の方が、より高い効果を得ることができます。

どうしても我慢できない場合は、デトックス効果の高い野菜スープなどがおすすめ!
参考→食べても痩せる方法!脂肪燃焼スープダイエット

まとめ

女性に大人気のホットヨガのダイエット効果についてご紹介しました。

特に女性の場合は、太る原因のひとつに[冷え]が挙げられます。冷え性体質では、どのようなダイエットを試しても思うような効果が現れません。

過去に様々なダイエットにことごとく失敗している方、汗をかきにくい体質の方や、冷え性の方に特にオススメしたいダイエット法です。

また、ホットヨガの効果はダイエットだけではなく、免疫力向上効果などの健康効果、美肌などの美容効果にも非常に優れています。

興味のある方は、ぜひ体験してみてください。

About The Author

miharu
1968年生まれの牡羊座☆いつの間にかアラフィフと呼ばれる年齢になってしまいました。いつまでも若々しく健康的な美しさを追求し続けたいと、日々努力を積み重ねています。このサイトでは私自身が検証したダイエット体験のお話。また、話題のダイエット情報を発信しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook