美魔女のスーパーダイエット

美しく痩せるためのダイエット情報サイト

食べて痩せる!ヘルシースナッキングダイエットのやり方をご紹介[タラレバダイエット]

約 7 分

ダイエット中はおやつを食べことは厳禁なのですが、それがストレス!!と思いませんか?

そんな人におすすめのダイエット、今注目の「ヘルシースナッキングダイエット」は、おやつを食べならがら痩せるという夢のようなダイエット方法なんです。

2018年3月25日にロンブー敦MCの「タラレバダイエット」でも、このヘルシースナッキングダイエットが取り上げらていました。

ヘルシースナッキングダイエットは、あえて間食をすることで食べ過ぎを防いで痩せられるというわけです。

そこで今回は、今口コミでも話題のヘルシースナッキングダイエットの効果・やり方をご紹介します。

ヘルシースナッキングダイエットとは?

ヘルシースナッキングダイエットとは、アメリカ発の健康的な間食ダイエット方法で、栄養価が高いお菓子やヨーグルト、フルーツなどヘルシーな食品をこまめに間食することによって、極端に空腹にならないようにします。

空腹を感じなければ、3度の食事の量を食べ過ぎてしまうことを防ぐことができますよね。

ヘルシースナッキングダイエットは、健康的な間食を取り入れることで1日3食の食事を軽めにします。

食事の頻度は、私たち人間の肥満度にも影響すると考えられていており、こまめに食事をとる習慣は、ダイエットに効果的であることがわかっています。

1日の食事回数が多い人の方が、総摂取カロリーが少なくなり、肥満度も低くなるというデータもあるのです。

食事の回数を増やすことで、1回あたりの糖質摂取量が分散されるため、血糖値を急上昇させるのを防ぐことができるのです。

血糖値の上昇が緩やかになれば、身体に脂肪を蓄える働きも持つインスリンの分泌量が抑えられることで太りにくい身体になっていきます。

ヘルシースナッキングダイエットは痩せるの?

ヘルシースナッキングがダイエット効果があることは、科学的な研究データによってもわかっています。

1日に食べる回数が多い人の方が総摂取カロリーが少なく肥満度が低いとして、栄養学術誌でも報告されているのです。

食事回数が少ない場合、食事と食事の間隔が長くなり、一度に摂取する食事量が増えてしまいがちです。

総摂取カロリーが増加しすると、遊離脂肪酸は血中の糖をエネルギーとして使用する機能を鈍らせて体脂肪を溜めやすくします。

そして、糖質が多い主食を多く摂取してしまうため、糖質を多量に摂取することにより食後の血糖値が急上昇してしまうのです。

ヘルシースナッキングを取り入れると、食事と食事の間隔が短くなるため、遊離脂肪酸の過剰分泌を防ぎます。

身体の仕組みを利用して食事量をセーブできるのが、ヘルシースナッキングのメリットです。

ヘルシースナッキングでは、食事回数を分けるため、一度に摂取するカロリーを抑えて、糖質量を減らせることができるためダイエットに効果的です。

空腹になるとインシュリンの急激な分泌により血糖値が下がりすぎると脳に栄養が行き渡らなくなり、めまいなどの症状が表れます。

ヘルシースナッキングで血糖値の急上昇を防ぐことは、インシュリンの分泌を緩やかにしてダイエットにも役立ちます。

ヘルシースナッキングダイエットのやり方

食事を1日に5~6食にすることで、食事の際のドカ食いを防いで、食べる量を上手にコントロールすることができます。

間食をするタイミングは、朝食と昼食の間または昼食と夕食の間など小腹が空いたと感じるような時間帯が適しています。

夕食をとるのが遅くなる場合には、昼食と夕食の間に2回、スナッキングを行うのも効果的です。

空腹を我慢する必要がないため、ダイエット中のストレスの緩和にもなりますね。

そして、夜食が必要な場合には、糖質や脂肪分が少なく、胃腸に負担をかけない食品を選ぶようにしましょう。

1日の総摂取カロリーが増えてはいけないので、1回の間食を200カロリー以内にしてください。

ナッツやドライフルーツをは、噛みごたえも良く満腹中枢も刺激してくれるためオススメの間食です。

間食にはある程度の糖質が含まれている方が良いですが、血糖値が急上昇してしまうと太りやすくなるため、食物繊維やたんぱく質が多いものを選びましょう。

スナッキングは、健康的な間食を選ぶことが大切なので、高カロリーな間食をしないように気をつけましょう。

おすすめのヘルシースナッキングは?

間食をする回数にもよりますが、ヘルシースナッキングで摂取するカロリーの目安は、1日に200kcalまでに抑えましょう。

間食で摂取したカロリーは、1日に摂取できる総カロリーから引いて、残りを食事で摂取します。

間食にカロリーを取りすぎると食事で摂取できるカロリーが減ってしまうため気をつけましょう。

スナッキングの回数を増やす必要がある場合には、お菓子ではなく食事を複数回に分けて摂取するやり方も効果的です。

食事の主食を減らして、間食時に食物繊維を多く含むオートミールのスナックなどを食べると効果的です。

最近は、コンビニなどで手軽に入手できるヘルシースナッキング専用の食品も増えてきているので利用すると良いでしょう。

①ドライフルーツ

ドライフルーツ

ドライフルーツには、糖質の含有量も多いですが、食物繊維やミネラルが豊富に含まれており大切な栄養素を摂取できます。

お菓子が好きで、ダイエット中も甘いものが食べたいという人におすすめの食品です。

最近は、コンビニやドラッグストアでも、ドライフルーツの少量のパッケージが販売されているため手に入りやすくなりました。

果物を生のままで食べるよりも甘味が濃縮されているため、甘いものを食べた満足感があるのがメリットです。

ドライフルーツは、糖質が多く含まれるためカロリーは高めですので、食べる量には十分に注意しましょう。

②ナッツ類

ミックスナッツ

ナッツ類には、コレステロールコントロールに欠かせない不飽和脂肪酸や、老化防止効果が期待できるビタミンEが豊富です。

食物繊維が豊富に含まれるため、ダイエット中にも積極的に摂取したいオススメ食品です。

脂質の含有量が多いためカロリーは高めですが、1日に10~20粒を食べると美容や健康に
効果的です。

ただし、塩などで味付けされたものは食べすぎてしまうため、素焼きまたは小分けになっているものを選びましょう。

③するめ

するめ

するめは噛みごたえがあるので、口寂しいときに食べると効果的です。

するめを噛んでいる間に、満腹中枢が刺激されてお腹も膨らんでくれます。

しかし、意外とカロリーが高く100gで300カロリーもあるため、食べ過ぎには気をつけなければなりません。

1切れ2切れ程度のするめを、ゆっくりと時間をかけて噛むと効果的です。

④ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルト100gあたり100kcalでカルシウムや乳酸菌を摂取することができます。

甘さを出すために砂糖が加えられているものもありますが、プレーンのものにはちみつや無糖のジャムなどを入れるとカロリー制限に効果的です。

ヘルシースナッキングダイエットの口コミ

間食するだけの簡単なヘルシースナッキングダイエットのメリットがわかったら、実際に体験してみたユーザーの口コミが気になりますよね。

★★★★★24歳・女性

コンビニで小分けになっているヘルシースナッキングを利用してダイエットをしています。

美味しくて栄養補助としても良く、おやつにも最適ですし、ダイエットにも良い栄養素が多いので、太りたくない方のおやつとして最適だと思いました。

間食を続けたら、空腹の時間がなくなったので、食事を食べ過ぎないようになりました。

★★★★★31歳・女性

ヨーグルトやナッツ類の食品でヘルシースナッキングはしています。

だけど、これだけではダイエットにはならないため、他に食事を減らす努力やカロリーを消費するための運動などをしています。

おかげで3ヶ月で5キロ痩せることができました。

★★★★☆35歳・女性

ヘルシースナッキングで間食を食べているだけでは痩せる事はないと思いました。

ダイエットしている時は、どうしてもお腹が空いてしまって困る時がありますが、ヘルシースナッキングは空腹との戦いがないのが良いです。

人によってやり方次第だと感じました。

ヘルシースナッキングダイエットのまとめ

これまで、ダイエット中の間食はしてはいけないというのが常識でした。しかし、こまめに食べることで血糖値の上昇を抑えて脂肪を溜めにくい身体になることがわかりました。

食事量を適正に保ち空腹によるドカ食いを防ぐために、スナッキングが有効であることが実証されているのです。

ぜひ、ストレスフリーなヘルシースナッキングダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

About The Author

miharu
1968年生まれの牡羊座☆いつの間にかアラフィフと呼ばれる年齢になってしまいました。いつまでも若々しく健康的な美しさを追求し続けたいと、日々努力を積み重ねています。このサイトでは私自身が検証したダイエット体験のお話。また、話題のダイエット情報を発信しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook