美魔女のスーパーダイエット

美しく痩せるためのダイエット情報サイト

酢キャベツダイエットでデブ菌撃退!丸山佳奈美が2週間で2キロ減!ウエスト-8cm

約 8 分

食事制限をしてもなかなか痩せないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

余り食べないのに太ってしまう人と、逆に「痩せの大食い」と呼ばれている、よく食べているのに全然太らない人がいますよね。

食べても太らなかったらいいなぁ・・。と思うことが良くありますが、スグ太ってしまう人とそうでない人の違いが、近年の腸内細菌の研究によって明らかになりました。

2018年4月21日「世界一受けたい授業」の保健体育の授業の中で、酢キャベツダイエットが紹介されていましたね。

ダイエットをしているのに痩せないのは、腸内にいる”デブ菌”という腸内細菌が原因になっていました。

今日は、太る原因である”デブ菌”についてご紹介します。夏に向けてダイエットを考えている人は、まず”デブ菌チェック”を行いましょう。

デブ菌が増殖すると、絶対に痩せない!!

大腸にいるフィルミクテス門と呼ばれるデブ菌は、糖や脂肪を蓄える性質があるため、少ない食べ物でも大量のエネルギーを吸収し、太りやすい身体になります。

ヤセたければ、腸内「デブ菌」を減らしなさい! の著者、藤田紘一郎教授が度々テレビ出演され、デブ菌について話をされているので既に知っている人もいるかもしれませんね。

藤田教授自身、60代で肥満による糖尿病を患い、デブ菌を減らす生活を続けることで10キロの減量に成功され、糖尿病を克服!18年経過した現在でも健康を維持されています。

デブ菌が増える原因

デブ菌はラーメンなどの炭水化物(糖質)や揚げ物などの脂質が大好きなので、糖質や脂質を含む食材ばかりを食べていると、どんどんデブ菌が増えてしまいます。

腸の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが大きく関係しています。

腸の中にいる細菌は、200種類100兆個以上にも及ぶと言われていますが、お花畑のように細菌類が生息していることから腸内フローラーとも呼ばれています。
※フローラとは花畑という意味

この腸内細菌の中には善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにも属しない日和見菌がいるのですが、その日和見菌の中には、脂肪を溜め込む性質のデブ菌と、逆に脂肪を燃焼してくれるヤセ菌が存在しています。

このデブ菌とヤセ菌の割合は、善玉菌と悪玉菌の割合に比例します。

  • 悪玉菌が多くなるとデブ菌が繁殖し、太りやすい身体になる
  • 善玉菌が多くなるとヤセ菌が増殖し、痩せやすい身体になる

悪玉菌優勢でデブ菌が増殖した状態でダイエットを行っても、絶対に痩せることができません。

デブ菌が優勢かどうか分かる!8つのデブ菌チェック

デブ菌が増えるとダイエットが成功しないことは分かりましたが・・・。デブ菌が増殖しているのか?どうして調べたらいいのか分かりませんよね?

そこで、デブ菌チェックをご紹介します。

  1. 少食なのに太ってしまう
  2. ダイエットをしても成果が出ない
  3. 発酵食品をあまり食べない
  4. 風邪を引きやすい
  5. 肌の調子が悪い
  6. 運動をあまりしない
  7. 大便・おならがすごく臭い
  8. 便秘・下痢をすることが多い

8つのチェック項目のうち4つ以上チェックがあるひとは、デブ菌が増えている可能性、またデブ菌が増える可能性が高いと思われます!

デブ菌が増殖しているか確実に分かる方法

上記のようにチェック項目から、デブ菌が増殖しているかどうか可能性として知ることもできますが、確実に腸内環境を知る方法は検便です。

検便なんて・・・恥ずかしい・・・。と思う人も多いと思います。

安心してください!

スリムチェックといる専用キットで便を取り郵送すると、約3週間でデブ菌とヤセ菌の数がどれだけあるのか、結果が送られてくるサービスがあります。

12,960円と少し高いですが、気になる方はチェックしてみてくださいね。

スリムチェック公式ページ

デブ菌が増えるとどうなる?

デブ菌が増えると、いくらダイエットをしてもなかなか痩せないことは、分かりました。しかし、デブ菌の影響はそれだけではありません。

デブ菌と悪玉菌の割合は比例しています。悪玉菌優勢の腸内環境は免疫力が低下することは良く知られていますよね。

腸内には私たちの身体を守る免疫細胞の約70%が生息しています。免疫力が低下することにより、風邪を引きやすくなったり、肌あれを引き起こしてしまいます。

デブ菌は簡単な方法で減らすことができる!

デブ菌を減らして腸をリセットするために最も重要なのは、食生活です。デブ菌の好物は高脂肪高カロリーの食べ物です。

逆にヤセ菌の好物は、低脂肪な食べ物です。

善玉菌を増やすことによってヤセ菌も増えてくるので、腸内環境を良くする食材を選ぶようにすると良いですね。

腸内環境改善効果がある食材

  • 食物繊維
  • 発酵食品
  • 乳酸菌
  • オリゴ糖

これらが、腸内環境改善効果が高い食材になります。このような食材をバランスよく毎日の食事に摂り入れるようにするのがベストですが・・・

「バランスのよい食事」言うのは簡単ですが、なかなか難しいですね。そこで、デブ菌を減らす最強フード「酢キャベツ」をご紹介します。

デブ菌を減らす酢キャベツダイエットのやり方

キャベツに多く含まれる食物繊維は、デブ菌の繁殖を抑制する効果があります。更にお酢には、悪玉菌の過剰増殖を抑制する効果があります。

1日3食の食事の前に100g程度(小皿1杯分)の酢キャベツを食べることを、約2週間続けることでデブ菌を減らすことができます。

酢キャベツの作り方

酢キャベツ

キャベツ 半分
小さじ2
200ml
  1. キャベツを千切りにする
  2. 千切りしたキャベツをポリ袋に入れ、塩を加えてしんなりするまで揉みこむ
  3. ②の中にお酢を加え、軽く揉み込み、冷蔵庫で半日漬け込む

酢キャベツは美味しい?

塩と酢だけの味付けなので・・・。正直、美味しい食べ物ではありません。

新キャベツの季節になると、リンゴ酢・砂糖・醤油・ごま油でキャベツの酢の物を作りますが・・・酢と塩だけなので、美味しいわけがありませんよね。

酸っぱいキャベツです。穀物酢や米酢・黒酢よりもリンゴ酢のような果実酢の方が、マイルドかもしれませんね。

酢キャベツダイエットはデブ菌が減って本当に痩せる?

世界一受けたい授業で、この酢キャベツダイエットを丸山桂里奈さんが挑戦されていました。

元日本女子サッカー選手だった丸山桂里奈さんですが、現役引退後太り始め、今ではポッチャリ体型になっていますよね。

世界一受けたい授業での検証は、後程紹介する”腸運動”と”酢キャベツ”を毎食毎に食べるだけの簡単ダイエットで検証していました。

酢キャベツダイエットの方法

  • 1日3食の食前に100gの酢キャベツを食べる
  • スナック菓子は食べないようにする
  • それ以外は何を食べてもOK
  • 毎日、腸運動を行う
丸山佳奈美が、2週間の酢キャベツダイエットで2kg減!ウエスト8cm細くなった

2週間の酢キャベツダイエットの結果は・・・

酢キャベツダイエット結果
  ダイエット前 ダイエット後
 体重 59.5kg 57.4kg -2.1kg
ウエスト 78.9cm 71cm -7.9cm
デブ菌 13% 8% -5%
ヤセ菌 39% 64% +25%

たった2週間、酢キャベツを食べるだけでヤセ菌が25%も増やすことができ、C判定からB判定と痩せやすい身体になっていました。

ただし・・・腸内環境は食事や生活習慣で簡単に乱れてしまいます。少しでも油断するとデブ菌は、どんどん増えてしまいます。

大切なのは、やはり継続ですよね。

デブ菌を減らしヤセ菌を増やすダイエットサプリが注目されている

お酢が苦手な人はストレスになってしまうかもしれません・・・。また、3食の食事の前に食べる必要があるので、仕事をしている人は難しいかもしれません。

そんな人のために・・・

デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やすサプリメントが売られていて、そのダイエット効果がスゴイ!と話題になっています。

サプリならどれだけ忙しい人でも、続けることができますよね!

デブ菌撃退・腸運動”ぐにゃぐにゃスカイツリー体操”のやり方

丸山桂里奈さんが、酢キャベツダイエットの時に実践されていた「デブ菌撃退・腸運動”ぐにゃぐにゃスカイツリー体操”」のやり方を紹介しておきますね。

  1. 脚を肩幅に開き、手を上に伸ばし交差させる
      ※ポイントは、肩甲骨を引き寄せるように手を伸ばします。
  2. ②の状態のまま息を吸いながら、左・右・前に状態を倒します。
      ※腸を伸ばすようなイメージで、しっかり身体を曲げることが重要です。
  3. 約1分間繰り返します。

ぐにゃぐにゃスカイツリー体操を約1分間行うことで、腸が刺激され”ヤセ菌”を増やすことができるそうです。

まとめ

どんなダイエットをしても痩せないと悩んでいる方は、もしかしたら”デブ菌”が原因かもしれません。

近年、腸内環境の良し悪しがダイエットに大きく影響していると言われて、腸内フローラダイエットや乳酸菌ダイエットなどが注目されています。

参考→腸内フローラダイエットの効果とやり方
   便秘の人は痩せない!乳酸菌ダイエットの効果的な方法

酢キャベツを食べるだけの酢キャベツダイエット、挑戦する価値はありそうですよ!

About The Author

miharu
1968年生まれの牡羊座☆いつの間にかアラフィフと呼ばれる年齢になってしまいました。いつまでも若々しく健康的な美しさを追求し続けたいと、日々努力を積み重ねています。このサイトでは私自身が検証したダイエット体験のお話。また、話題のダイエット情報を発信しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook