美魔女のスーパーダイエット

美しく痩せるためのダイエット情報サイト

薬剤師が教える即効性のある便秘解消法!正しい下剤やサプリの選び方

約 13 分

こんにちは!現役薬剤師のrisaです。「便秘を治したい…」そう思っている方、多いのではないでしょうか?今日は、即効性のある便秘解消法について取り上げてみたいと思います。

便秘はダイエットの大敵です。便秘をそのまま放置していると痩せることは難しいので、絶対に便秘は治した方がいいですね。

便秘とダイエットの関係については「便秘の人は痩せない?便秘とダイエットの関係を薬剤師が教えます!」で取り上げていますので、チェックしてくださいね。

また、便秘を改善するだけで身体には様々な良い影響が現れます。肌荒れが治るだけでなく、頭痛などのが治る方もいらっしゃるんですよ。

でも、便秘解消法はたくさんありすぎて、どれが正しい情報なのか分からないですよね。

便秘でも人によって違う原因はあるので、間違った方法を行うと逆効果になることもあるんですよ。

では早速、現役薬剤師が正しい便秘解消法を紹介したいと思います。





便秘薬の種類と選び方

便秘薬

即効性のある便秘解消法となると、まず病院で便秘薬を処方してもらうのが最善の方法なのですが、便秘症で病院を受診する人は意外と少ないですね。

ドラックストアに行くと、簡単に便秘薬が手に入るのが原因かもしれません。

本当は便秘を甘く見ていてはいけません!便秘は、美容だけでなく健康にも大きく影響する病気なんですよ。

便秘薬にも色々な種類があるため、きちんと種類を理解して服用するようにしましょう。

便秘薬の種類① 塩類下剤

塩類下剤系の便秘薬は、腸から体内へ吸収されない構造になっています。

そのため薬が腸の中に溜まり、浸透圧が高まることを利用して水分を腸の中に引っ張ってくることで便を柔らかくします。また、水分を引っ張ってくることで便を膨張させ、腸への刺激により蠕動運動を促進する効果もあります。

塩類下剤系の便秘薬は水分を体内から引っ張ってくるため、きちんと水分摂取をすることで効果が高まります。

薬剤名としては、酸化マグネシウム、硫酸マグネシウム、水酸化マグネシウムなどです。

便秘薬の種類② 刺激性下剤

刺激性下剤系の薬は、小腸に作用するものと大腸に作用するものに分けられます。

小腸に作用するものとしてヒマシ油が挙げられます。

ヒマシ油は消化酵素により、グリセリンとリシノール酸に分解され、リシノール酸が小腸を刺激し物理的に排便を促進する作用があるとともに、グリセリンが潤滑油のような役目を果たすことで、便が出やすくなります。

大腸に作用するものとしては、センノシド、ピコスルファートなどがあります。

センノシドは腸内細菌により、レインアンスロンに分解され、このレインアンスロンが大腸のアウエルバッハ神経叢を刺激し蠕動運動を活性化させることにより便秘が解消されます。

ピコスルファートは腸内細菌の酵素であるアリルスルファターゼにより構造が変化し、大腸を刺激するとともに、水分が吸収されるのを阻害することで便秘を解消します。

便秘薬の種類③ 漢方薬

漢方薬

便秘に効く漢方薬はいくつかありますが、その中でも有名なのが「大黄甘草湯」です。

「大黄甘草湯」は、漢方のため無理やり便秘を解消する下剤とは違い、身体にマイルドに効きます。

一般的に、漢方は食前に服用するのが良いとされていますので、そのため、ご飯を食べる30分程前にたっぷりの水やぬるま湯で飲むようにしてください。

しかし、大黄は苦味や独特なにおいがあるため、オブラートに包んで服用することをおすすめします。

一般的には、夕食の前に服用するだけで、次の日の朝には便意を感じる人が多いようですが、効き方には個人差があるので、服用し始めは様子を見て回数を調整して服用するようにしてください。

便秘だけではなくお腹の脂肪が気になる人は防風通聖散を試してみてください。 

防風通聖散は便秘解消効果はもちろん、お腹の脂肪を減らす効果があります。

防風通聖散については、いま話題のダイエット漢方「防風通聖散」の効果・注意点!で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

防風通聖散は、防風通聖散公式ページから購入することができます。

ひとことで便秘薬といっても色々な種類があるんですね。

そうですね。ただ、どの便秘薬も服用し続けることで身体が薬に頼ってしまい、自らの腸の働きが弱ってしまうことがあります。

便秘薬はあくまでも一時的に便を排出するための方法です。便秘症を改善するためには、きちんとした運動、食事をおこない、その上で便秘に悩んだときに処方してもらうことをおすすめします。

また、妊娠しているかたや母乳を与えているかたは、赤ちゃんへの影響も考えられますので薬を使用しないことをおすすめします。きちんと医師の指導のもとで服用するようにしてください。

サプリメントで便秘解消

即効性という意味では「便秘薬」が有効ですが、先程も述べたように便秘薬は一時的に便を排出する方法です。

便秘症そのものを改善するためには、食事や運動など生活習慣を見直すことが一番理想です。しかし、長年の生活習慣を見直すことが簡単ではありません。

そこで、便秘症を改善するサプリメントを有効に活用するようにするのも良いでしょう。

最近は便秘に効くサプリメントがいくつか売られていますが、今回は代表的なサプリメントを2つ紹介したいと思います。

便秘改善におすすめサプリ① 乳酸菌

乳酸菌

1つ目は乳酸菌のサプリメントです。乳酸菌が便秘に効くことも有名ですよね。

乳酸菌はヨーグルトやチーズ、キムチなどに含まれていますが、菌であるため食べ物に含まれる乳酸菌は時間が経つと減っていってしまいます。そのため、乳酸菌は毎日摂取することが重要になってきます。

乳酸菌を摂るのを止めると腸内環境が元に戻ってしまうという報告もされています。

いくらヨーグルトなど乳酸菌が腸内環境に有効だとしても、毎日となると 飽きてしまいますよね。

でも、せっかく一生懸命ヨーグルトを食べても腸内細菌が元に戻ったらあまり意味がないですよね。

それに、一日に必要な乳酸菌を摂取するためには、1日に200~300gのヨーグルトを食べる必要があります。

乳酸菌を無理なく摂取するためにおすすめなのは、乳酸菌サプリメントです。サプリメントなら毎日続けて摂取しやすいですし、サプリメントの製法によって、食べ物に含まれる以上の乳酸菌が含まれています。

risaさんがおすすめ乳酸菌サプリを教えてください!

私のおすすめの乳酸菌は、高機能乳酸菌EF2001サプリです。1包中に1兆個の高機能乳酸菌が含まれてる優秀なサプリです。

高機能乳酸菌EF2001サプリは、MIHARUの乳酸菌公式ページから購入することができます。

便秘改善におすすめサプリ② 食物繊維

食物繊維

2つめのサプリメントは食物繊維のサプリメントです。食物繊維が便秘に効くというのも有名ですよね。

食物繊維には不溶性の繊維と水溶性の繊維があります。

不溶性の繊維は、腸で消化されないため便のカサ増しの役割を果たしてくれるため便秘を解消してくれるとともに、腸内細菌のバランスを整えてくれる作用もあります。

水溶性の繊維は水分を保持することで便が固くなるのを防いでくれます。

一日に必要な食物繊維は成人の場合、一日20gです。

食物繊維が20gと言ってもイメージしにくいですね。

20g の食物繊維を摂取するためには、キャベツ2玉、あるいはレタス4玉を摂取する必要があるんですよ。

この量の野菜を毎日食べるのは、かなり難しいと思います。

そのため、この一日分の食物繊維を簡単に摂るために開発されたのが食物繊維のサプリメントです。サプリメントなら仕事が忙しい時などにも気軽に食物繊維を取ることができますね。

risaさん、便秘解消効果があるおすすめの食物繊維サプリを教えてください。

私がおすすめすのは、すこやか自慢のイヌリンHMBサプリです。便秘解消効果だけではなくダイエット効果もある非常に優れたサプリです。

すこやか自慢のイヌリンHMBサプリは、すこやか自慢の公式ページから購入することができます。

その他の効果がある便秘解消

即効性の高い便秘解消法は、便秘薬やサプリメントですが、中には「薬」や「サプリメント」に出来るだけ頼りたくない!!そんな人も多いですよね。

確かに食べ物などで、便秘が解消されるのが一番理想的ですよね!

そうですね。軽い便秘症の人であれば、食事を工夫することで便秘が解消されることもありますよ。

断食で便秘解消

断食

便秘の原因で意外と多いのは、「食べ過ぎによる便秘」です。たくさん食べる人は、お通じも良好と思われがちですが、みなさんの便秘はもしかしたら食べ過ぎが原因かもしれません。

一生懸命、食物繊維や乳酸菌を摂取しているのに便秘が解消されない人は、ぜひ断食に挑戦することをおすすめします。

実は私たちは食べ物を消化するときにものすごいエネルギーを使用しています。一説では、1日3食きちんと食べると食事の消化にフルマラソン分のエネルギーを消費しているとか。

そのため食べ過ぎの人はその分、胃腸が疲労しています。

断食をすることで食べすぎによる腸の疲労を休ませることができ、正常な蠕動運動が起こるようになり便秘が解消されます。

また、胃腸が弱っていると食べ物を上手く消化できず、脂肪として身体の中に蓄えられてしまいます。

断食をおこなうことで便秘が解消されるだけでなく、正常な腸に戻す作用もありダイエット効果も高まります。

断食のダイエット効果については、現役薬剤師が教える朝断食の正しいやり方の記事で紹介していますのでチェックしてくださいね。

油を摂取して便秘解消

亜麻仁油

良質な油を摂ることで便秘が解消されることがあります。中でもオススメなのが、亜麻仁油(あまにゆ)です。

亜麻仁油は、亜麻という植物の種からできている油のことですが、亜麻仁油の最大の特徴は、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸が入っていることですね。

オメガ3脂肪酸は、腸の働きを活発にし便秘解消作用があります。さらには、亜麻仁油に含まれる他の脂肪酸であるオレイン酸には、便を軟らかくしてくれる効果があります。

便秘解消効果のあるオメガ3脂肪酸の正しい摂り方

オメガ3脂肪酸は、便秘解消効果だけではなく美容効果も高いですよね!

そうですね。オメガ3脂肪酸を効率よく摂取するなら、亜麻仁油がおすすめです。 

亜麻仁油は、1日どれくらい摂取すればいいですか?

一日に必要な亜麻仁油は小さじ1杯程度なので、比較的取り入れやすいですね。

オメガ3脂肪酸を摂取するときの注意点

しかし、亜麻仁油は熱に弱いという弱点があるため、一般的な油のように炒めものなどには使用できません。

塩と一緒に混ぜて、サラダのドレッシングに使用するのがオススメです。

私も亜麻仁油に挑戦したことがありますが、少し癖があるので苦手な人も多いかもしれませんね。

そうですね。確かに美味しいオイルではないので、私は納豆やキムチに混ぜて摂取しています。

また、亜麻仁油は熱に弱いため、日光が当たる場所に置いておくのもNGです。冷蔵庫に入れて保存してください。買うときも、日光の当たらない場所に置いてある亜麻仁油を買うようにしてください。

そして、油は酸化してしまうと有害成分が生じてしまいます。亜麻仁油は他の油よりも酸化するスピードが速いと言われているため、亜麻仁油は開封から1ヶ月程度で使い切るようにしてください。

即効性のある便秘解消法まとめ

いかがでしたか?今回は即効性を重視した便秘解消法について取り上げてみました。

便秘解消には様々な方法があります。ひとつの方法にこだわっていては、腸がそれに慣れてしまい正常な働きができなくなってしまうことが考えられます。

自分に合う方法をいくつか見つけ、組み合わせて取り入れることをおすすめします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook